アウトドア クライミング ロープ ABC Static Ropes 正規輸入品 海外より限定品をお届けします
シャフトの選び方についてです。

特に初心者の方は、周りの方に譲っていただいたり、もらいもののドライバーでゴルフを始めた方が多いと思います。

自分に合ったシャフト選びには、以下のポイントを確認しましょう!

とはいえ、メーカーのフレックスごとに硬さの程度が異なりますので、表記が同じSでもメーカーが違えば実際の硬さは異なる、という場合があります。

シャフトのしなる位置をキックポイント(調子)といいます。
TranscendUSB3.0ポータブルHDDStoreJet2.54TB3年保証TS4TSJ25H3P TranscendUSB3.0ポータブルHDDSto
か中か先かの、大きく3種類に分かれます。


ただし、元調子と中調子の間にキックポイントがある場合は「元中調子」と呼ばれたりしますので、用語の使い方は複合的です。

こちらは少し分かりにくいかもしれませんね。

ゴルフスイングで、シャフトは大きくねじれます。なぜなら、ゴルフはボールが当たる位置が


ハンドルの遊びが大きいと、目一杯切ってもそんなに曲がらないですよね?悪くいえば鈍いということです。


トルクが小さいと反応が良いので、操作に対してシビアに反応


とはいえ、ツアープロの使用率No.1(サイト表記「ツアープロの65%」)とうたっており、シャフト界では言わずと知れた存在です。グラファイトデザイン社についてくわしくは

今度は各メーカーのおすすめシャフト一覧です。こちらも独断!

最後に、ドライバーを買う時は必ず試打することをおすすめします。
ECサイトで中古品を買う場合も、同じモデルを大きめのスポーツショップや試打できる練習場で試してから買うようにしましょうね。

おすすめは、距離、曲がり具合ともに自分の目で見て確認できる練習場での試打です。

最高の一本をみつけて、楽しいラウンドを!